愛人契約は本当に存在するのか

よくインターネットでは、愛人契約をする人がいると書かれているサイトが存在しています。しかし、実際にこのような人には会ったことがないという人が多いでしょう。本当にこのような契約が存在するのでしょうか。

愛人契約は存在している

愛人契約というのは、愛人を作るために相手の女性を探し、定期的にお金を払ってデートやセックスを行う関係の人を言います。最近は女性の方から男性を探すパターンもあります。愛人契約とは言っても、頻繁に会うというわけではなく、週に1回程度会うことが多いでしょう。

ネット上にあるサイトや掲示板で探す場合もあれば、友人に紹介してもらう場合、知りあい同士の場合もあります。普通は誰にも知られないように、匿名で会うことが多いのです。どちらかが結婚をしていれば不倫になるのですが、通常は男性の方が結婚をしている確率が高いと言えるでしょう。

どのように契約を行うのか

愛人が欲しいと思った場合でも、どのように契約すればよいのかわからない人も多いでしょう。基本的には最初に月いくらお金を支払うのかを決め、何を行うのかも決めておきます。食事や肉体関係、買い物や旅行などが一般的です。

お小遣い程度のお金が欲しいという人は少なく、比較的高い金額を要求してくる人もいます。基本的に男が女に対して報酬を支払うのが一般的です。他にも何か希望があれば伝えることが多いでしょう。

ただしこれは援助交際となるので、本来であれば違法なのですが、相手が未成年でなければグレーゾーンとなることが多いのです。生活費の足しに契約する人もいれば、ストレス解消を目的としている人もいます。女性は若い人や人妻が多く、男性は既婚者やおじさんが多いと言えるでしょう。

出会い系サイトは危険

愛人が欲しい場合には、出会い系サイトを使うこともあるでしょうが、トラブルが多いのであまりおすすめはできません。嘘のプロフィールを載せて誘う詐欺の可能性があるので、使うときには注意しましょう。